2/24/2008

北京ダック

学生時代に中国に行った時、生まれて初めて北京ダックというものを食べた。
場所は北京にある北京ダックの老舗「全聚徳」。
貧乏パッカー数人で乗り込み、まずビールで乾杯。
その後は大量の前菜から始まり、北京ダック、スープ、デザートとまさにフルコース。この皮のパリパリ感がたまらんかった。
店自体は古ぼけてて、店員もそっけなくて(どこもそうだったが)何かさえない感じだったけど、さすが(といっても初めて食べたんだけど)という満足度でした。
料金もかなり安かった。確か1人千円しなかったはず。しかも人民元払いでOKだったし。

その後も北京ダックは何回か食べたが特においしかった記憶なく時は過ぎ・・・

2006年の世界一周の帰り。
カシュガルの街角を歩いていたら、なんとあの全聚徳のカシュガル支店を発見した。
高級そうなホテルの中にあって、内部はかなり豪華そう。
しかし、中央アジアのマンネリ飯に苦しめられて来た反動もあって、嫁と二人で、えいやっ!と店に入る。
そして、とりあえず一番安いコースを注文。
78元(約1200円)とある。
まあ・・・安いんじゃないかな。

店員の教育が行き届いているせいか、みな礼儀正しく、料理が運ばれてくるたびに、
「えーと、この料理はあ~」
と料理の説明をしてくれる。

いまいち内容は理解できなかったが、まあサービス自体はいい。
肝心の味の方は、舌が食べ物を欲してたせいもあって、かなりうまかったです。あのころを少し思い出した。

そして会計。
78元は2人分の料金でした。
安!!

ニセモノ全聚徳?
んなわけないよなあ~

全聚徳ホームページ
http://www.zenshutoku.com/
コメントを投稿